導入・評価登録のステップ

1.お申込み

コンパクトエコシステム(環境マネジメントシステム)評価登録をご希望の方は、こちらのお申し込みフォームに必要事項をご入力ください。

 

登録料7万円(税込)を一般社団法人日本経営士会にお振込みいただきます。

(4万円・3万円の分割可)

 

 

2.担当者(環境経営士)の通知

コンパクトエコシステム運営事務局を務める(一社)日本経営士会 環境社会創出委員会より、コンパクトエコシステム(環境マネジメントシステム)の導入をサポートする環境経営士をご連絡差し上げます。

 

3.導入に向けた事前打ち合わせ

コンパクトエコシステム(環境マネジメントシステム)の導入に向けて、スケジュール・工程の策定のため環境経営士が訪問させていただきます。

 

4.コンサルティングの実施

現場診断による具体的改善活動項目の抽出や事前の社員意識調査の実施、環境方針の策定、継続的改善へと繋げるPDCAサイクルの構築など、コンパクトエコシステム(環境マネジメントシステム)導入に必要な経営コンサルティングを実施いたします。

 

環境保全活動に留まらず、環境CSRの視点からの改善点の抽出・分析を行い、総合的な経営改善コンサルティングを提案させていただく場合もございます。

 

コンパクトエコシステム(環境マネジメントシステム)導入に係る環境経営士の支援料は1時間1万円(税込)を基本としています。

 

■サポート事例

 

活動キックオフミーティング・社内説明会開催(説明資料の作成及び当日の説明)・・・30,000円/3h

 

工場やオフィスでの省エネ診断等・・・20,000円/2h

 

5.環境保全活動の実施

環境経営士のサポートのもと構築した推進体制に則り、エネルギー・廃棄物・水を必須項目とした環境負荷の把握から具体的環境保全活動を開始します。必要に応じて、社内における教育訓練を行います。

 

全社員参加の活動とするため、密な情報共有を目的とした社内コミュニケーション推進体制も構築します。

 

6.環境保全レポートの作成

初年度は約3ヶ月の活動期間を経て、全体の評価と見直しを行ったのちに環境経営士より送付される環境保全レポートの雛形を活用し、取り組み内容をレポートにまとめます。

 

作成したレポートは、(一社)日本経営士会 環境社会創出委員会まで送付します。

 

7.第三者評価・登録

提出された環境保全レポートと、環境保全活動をサポートした環境経営士の活動報告により、環境社会創出委員会の審査委員会において審査を実施します。

 

また、第三者評価機関による第三者評価を経て、(一社)日本経営士会によりコンパクトエコシステムの登録がなされます。

 

詳しくはこちら「審査機関による第三者評価」

 

8.登録証の発行とロゴマークの使用等

(一)日本経営士会が入金を確認し、登録後、登録証書を送付いたします。

 

また、事務局よりコンパクトエコシステムのロゴマークをデータにて送付いたします。ロゴマークは、名刺やHP等において登録期間中ご利用いただくことが可能です。

 

9.環境保全レポートの公開

ご希望の際は、(一社)日本経営士会 コンパクトエコシステムHPにおいて環境保全レポートを公開いたします。

 

公開環境保全レポートはこちらから

 

10.登録更新

登録更新は2年ごとに1回となります。継続して活動してきた内容を環境保全レポートに取りまとめ、事務局に提出していただきます。但し、1年ごとに環境保全レポートを事務局までお送りいただくことも可能です。

※更新評価は2年ごとに1回のみとなります。


  

 *お振込みは下記口座にお願いいたします。

 

    口座名称: 一般社団法人日本経営士会
    取引銀行: 三井住友銀行 麹町支店 普通預金

    口座番号: 7166277 

日本経営士会のホームページへ

環境経営士養成


コンパクトCSRマネジメントシステム

Facebook

環境省

「気候変動キャンペーン Fun to Share」に賛同しています。

環境CSR経営 ブログ