中小企業に導入しやすいCSR(企業の社会的責任)システム導入で御社の価値を向上

 

 CSRとは「企業が社会に与える全てのインパクト(影響)に対する責任」です。

 

企業は利益を上げれば良しとする時代が過ぎようとしています。企業はCSR(社会的責任)責任をも追及してステークホルダーから認められる時代になりました。 

 

一般社団法人日本経済団体連合会は「企業行動憲章」を2010年に既に改めています。 

改定の内容は高い倫理感をもって社会的責任を果すという内容で加盟企業に投げかけています。

 

現在は大企業を中心に環境・CSR経営に舵を切っていますが、中小企業にもこの流れが波及すると考えます。

 

いち早くこの考え方に賛同して、企業理念に取り入れている中小企業もありますが、今からでも遅くはありません。

 

CSR経営を取り入れて御社の企業価値を高め、他社と差別化を計りませんか。 

 

一般社団法人日本経営士会は既に環境マネジメントシステムである「コンパクトエコシステム」を構築し普及活動を行っていますが、このほど新しく「コンパクトCSRシステム」を構築し主に中小企業への普及活動を行っています。 

 

●企業がCSRに取組むメリット  

 企業がCSRに取組むことにより企業の持続的発展が可能になります。 

 

 企業がCSRに取組むことにより費用が増加し人手が必要になって利益面でマイナスと考えられますが、企業内で全従業員が仕事の傍らCSR活動に取り組むことにより、従業員の意識が向上し、職場が活性化して、業務 の効率化が促進されます。 

 また、社外からの社会的イメージが向上し、信頼性が高まり、社会的な評価が高まり 

 ます。  

 その結果、取引先が拡大し、収益が向上していきます。優秀な人材が入社して新分野の開拓が可能になります。経営は持続的な発展が可能となります。 

 

●コンパクトCSRシステムの特徴(略称:コンパクトCSRまたはC.CSR) 

 

 ①中小企業が負担少なく、容易にCSRに取組めるよう構築してあります。      

  ISO26000(国際標準化機構が201011月に発行した社会的責任に関する国際規 

  定のこと)での中核主題は網羅しています。即ち組織統治、人権、労働慣行、環 

  境、公正な事業慣行、消費者に関する課題、コミュニティ参画および発展の7項目 

  です。 

 

 ②PDCA(計画、取組、評価、改善)のマネジメントサイクルで持続的発展を目指

  します

 

  ③実施報告書「CSRレポート」を作成・公表することにより、社外からの評価を高 

  めます。

 

 ④負担の少ない業務、手続、費用等で、登録・維持を続けることができます。 コンパクトCSRのガイドラインは15ページでわかりやすくなっています。 

 

  登録費用は試行期間3カ月を経て「CSRレポート」を公表しますが、登録費用7万円 

  (審査、第三者評価機関の評価料込み)取り組み支援料は1時間1万円(今までの平 

  均6時間で6万円)です。

 

 更新は2年毎で4万円(審査、第三者評価機関の評価込み)取り組み支援料は1時間1  

 万円(今までの平均6時間で6万円)です。

 

 

 

お問合せは 日本経営士会東京本部TEL  03-3239-0691

 

またはメールoffice@keieishikai.com へお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

日本経営士会のホームページへ

環境経営士養成


コンパクトCSRマネジメントシステム

  環境関係Facebook

環境省

「気候変動キャンペーン Fun to Share」に賛同しています。

環境CSR経営 ブログ